年金分割の背景

年金分割制度が生まれた背景として、現在の年金制度での問題がありました。
今、現在の年金制度では、標準モデル夫婦の年金の受給額は平成18年度で約232,000円です。これは何の問題もなく夫婦が揃っていてもらえる年金です。

しかし夫婦が離婚することになると今までは、夫は老齢厚生年金老齢基礎年金をもらえますが、専業主婦であった妻は老齢基礎年金のみになってしまいます。



老齢基礎年金は満額でも月額66,008円ですので、離婚をしてしまった場合、妻はその後の生活がとてもなりゆかなくなってしまうのが現状でした。
また、この満額の66,008円を受給できるのは20歳〜60歳まで満額保険料を納付していた場合であり、現状では実際の受給額は30,000円〜40,000円ではないかと言われています。

この状況ではとても熟年離婚が増えてきた現在において問題が大きいため、夫の厚生年金も離婚した際には分割できるようにしたのが2007年4月から始まった新制度です。
もともと考えれば夫婦生活を共にしていたとすれば夫の厚生年金は夫婦が共に負担したと考えるのが自然ですので、自然な成り行きといって良いでしょう。

しかし、この新しい年金分割制度は何も夫が妻に年金を分割するだけではありません。妻が働いていたりなどして婚姻期間中の標準報酬総額が夫の分より妻の分の方が多ければ妻の年金を夫に分割するということもあり得ます。

離婚をする時にはこれらの事柄もよく考えた上で年金分割を考慮する必要があります。

離婚調停成功マニュアルはこちら