年金分割60歳から?65歳から?

年金分割を受ける時に、人によって年金が60歳からもらえる人と65歳からもらえる人の2通りにわかれます。

離婚後、社会保険事務所で年金分割の手続きを行いますが、年金を受給するには条件があります。

@国民年金のみに加入の人
たとえ50歳で離婚しても老齢基礎年金がもらえる65歳までは年金分割を請求していたとしても受け取ることは出来ません。

A1年以上厚生年金に加入していた人
特別支給の老齢厚生年金は60歳までに1年以上厚生年金に加入していれば60歳から老齢厚生年金が受給できるのでその分と年金分割した分が60歳から受給できます。

B1年未満厚生年金に加入していた人
厚生年金の加入暦が1年未満の人は老齢基礎年金を受け取れる年齢が65歳からですので年金分割を受けてもその分を受給できるのは65歳になってからです。
このような場合は60歳から受給できるようにするには、もう一度60歳までに仕事に就き、合わせて厚生年金の加入暦が1年以上になるようにしておくと60歳からの受給権が与えられます。


離婚調停成功マニュアルはこちら