現在の熟年者にはメリットが薄い

よく離婚をするなら年金分割の制度が始まる2007年4月(離婚分割)以降、あるいは2008年4月(3号分割)以降にすれば良いという声を多く聞きます。
しかしこの意見は問題を少し見落としています。

2008年4月に行われる年金分割制度では実は次のような大きな問題があります。

「強制的に年金分割されるのは2008年4月以降の第3号被保険者だった期間が分割対象」ということです。

ということはどういうことかと言いますと現在熟年者である夫婦の場合は2008年4月以降の婚姻期間が短いことは明白ですのであまり、意味がないことになります。

この年金分割制度の恩恵を大きく受けられるのは今の若い世代で、2008年4月以降に長期間、主婦を行っていてその後、離婚などをする人たちなどに限定されます。
この部分を良く理解しないで漠然と年金分割制度が始まる2008年4月になったら離婚しようと思っている主婦の方々はもう少し深く考える必要があります。

強制的に年金分割される期間は2008年4月以降の婚姻期間で第3号被保険者であった期間ということを認識する必要があります。

離婚調停成功マニュアルはこちら