年金分割で年金を多くもらう方法

年金を受給できるケースが60歳の場合と65歳の場合があることは説明してきましたが、ここでは少しでも年金分割を利用して年金を多くもらえる方法をご紹介します。

繰上げ受給などではなく60歳から損をしないで年金分割した年金を多くもらう方法があります。通常は65歳から老齢基礎年金が受給でき、それと同時に分割した年金も受け取れます。

しかしこの分割した年金を60歳から受給できるようにすると、60歳から65歳までの5年間で約300万円多く年金を受給することができるようになります。
これは政府発表の夫の老齢厚生年金の平均が月10万円ですので、年金分割をした場合5万円を受給できることになります。
5万円×60ヶ月で300万円の受給となります。

これを可能にするのは国民年金の加入歴しかない女性は60歳までの間に最低1年間、厚生年金に加入をしておけば、60歳から老齢厚生年金がもらえることになり、同時に年金分割した分も、もらえるので60歳から65歳までの間に300万円多くもらうことが出来るのです。

このように年金分割制度をうまく利用すれば、年金を多くもらうことも可能ですので、離婚を考えている際はまずはご自分の年金加入状況を調べ、厚生年金の加入期間が不足していれば厚生年金に加入できる所で働くなどして厚生年金加入期間を最低でも1年以上にして、有効に年金分割制度を利用しましょう。

離婚調停成功マニュアルはこちら