熟年離婚を考える場合

最近、熟年離婚が話題となっています。
これから熟年離婚を考えている方も多いかと思います。

ここでは熟年離婚が得なのか損なのか考えていきたいと思います。
今までは年金分割制度がなかった社会では熟年離婚は今まで専業主婦をしてきた妻にとっては、老後の生活資金などの問題などから我慢せざるを得ない状況もありました。

しかし年金分割制度が始まり、熟年離婚が増えることが考えられます。ここで考えなければいけない問題があります。
熟年離婚をして、また再婚の予定や可能性があるかどうかということも考えておく必要があります。

今までは再婚相手の状況はあまり関係ありませんでしたが、熟年離婚後の再婚を考えた場合には相手の男性も2007年4月以降に離婚していた人の場合、前の妻との間で年金分割を行っている場合が考えられます。
ということは、再婚相手の年金が非常に少なくなっている場合もあるということを考えておく必要があります。

また当然、逆の場合も考えられ妻側から夫に年金を分割している場合もありますので、熟年離婚、再婚を考えている方はその辺も十分考慮に入れましょう。

離婚調停成功マニュアルはこちら